仕事場の事例について訓練しました。現代の先の中では、企業の先(業者先)のこなす能力がでかいそうです。その社長が法人だ。法人は、株式の供与によって集めた資本で新設され、必要に応じて株式の割増供与(増資)をおこないます。株式のオーナー(株主)が仕事場のオーナーであるが、直営は株主総会において選出受ける幹部にまかされ、把持と直営の分立が進んでいるそうです。株主の必要は自分の出資料金をこえることはなく(有限必要制)、市場で取り引きされる株式はいつでも取り扱いとれるそうです。マーケットでは、他先の株式を買うことにより組み合わせ・購買(M&A)が重ね重ねおこなわれ、コングロマリットとよばれる異種事業の混成先の偶発も言えるそうです。日本では、株主の権威が軽視される傾向にあり、株主によるコーポレート・ガバナンスの達成を待ち焦がれる音声が高まりつつあるそうです。仕事場のことを訓練しましたが、なおさら細かく勉強したいなと思いました。アコム 35日ごと