今日は、とても朝冷えたので、暖房を付けました。今まで一度もつけていなかったのですが、今朝はとても寒くて我慢が出来なかったのでつけました。とても寒かったですよね。私は寒がりなので、朝布団から出るのがいつも遅いです。ですから今日は早めに起きられるようにあらかじめタイマーでセットしました。設定温度はそこまで高くないようにして、自然と起きられるようにしました。ちなみに設定温度は17,8度で20度以下です。夏も結構冷房をガンガンにつけていた家だったので、冬場も暖房代が高くなると思います。この間、電気とがずを一緒にしませんか?という内容の広告が入っていました。私の家は主人に全て任せているので、どうなっているのかわかりません。今度聞いてみようと思います。それにしてもとても寒いですね。寒いと、気持ちもあまりのらなくなってしまいます。明日は今日よりも少し暖かくなっていればいいな、と思います。まだ皆さんのお家は暖房はつけていませんよね!?脱毛ラボ 部位

「男体山」と言えば栃木の日光が有名ですが、実は茨城県にも2つの男体山があります。 1つは筑波山の山頂の西側のことで、もうひとつは奥久慈にある奥久慈男体山です。茨城県の方は奥久慈男体山を男体山と呼んでいるそうですが、普通の人は区別しやすいように「奥久慈」を冠しているようです。今回、この奥久慈男体山に登ってきました。奥久慈男体山は袋田の滝の南側にあり、標高自体は700mに達しません。しかし、実際に歩いてみると、割とハードなコースがあります。春のハイキングで道に迷って遭難する事例が多くなりますが、奥久慈男体山のように周りに似たような形の山が多いと、自分の場所を見失ってしまうのです。人間が歩いた後が薄くなっていたり、山の斜度が地図に合わなかったりする場所は丁寧に歩かないと危ないと感じました。また傾斜がきつくて滑りやすい箇所もありました。登山の格言として「山高きが故に尊からず」という言葉がありますが、本当にこの通りだと実感しました。山登りは油断してはいけません。